踏み倒しの対処

交通事故の賠償金の踏み倒しの対処を弁護士に相談

交通事故が起きた場合に示談などの交渉を通じて契約した金額を支払わないで踏み倒し下場合にどのような対処をされるかについては相手方の出方によって違いがありますが、基本的には交通事故の賠償を弁護士などの仲介によって成立させた場合に、その賠償金を支払わないことで、刑法違反で訴えられて逮捕されることはありません。

しかし賠償金という債務は残ることになるので、強制執行などが行われて給与の一部を差し押さえられてしまったり、不動産を差し押さえられる可能性があります。交通事故の賠償金の支払いをしない場合には、破産して免責を受けることもできますが、支払いする義務は残ります。一般的には交通事故などの場合には保険会社や弁護士が仲介することよって、示談交渉をして支払いに関する取り決めをしますが、これに従わない場合は、最終的には裁判所に申し立てをして、預貯金や給与の差し押さえという実力行使をします。

支払う能力が無い場合でも差し押さえなどがされますが、強制執行したとしても財産が存在していない場合は取り立てることができないのが現状となっています。

交通事故が起きた場合には保険会社や弁護士などに行ってもらえるのが、補償の金額を決めるところまでなので、相手方の支払いに関しては、もう一度弁護士に相談するか、または自分で裁判所に強制執行の手続きをして相手方の不動産などを差し押さえることになります。

しかし相手方の不動産や預貯金の所在が分かる場合には速やかに強制執行できますが、わからない場合には取り立てることが難しく、また銀行と直接交渉したり、執行官などの必要な人手を確保しなければならないので、全てを個人で済ませることは難しいとされています。

また強制執行したとしても財産や収入を差し押さえられなければ、損失となるので、差し押さえられる見込みが無い場合には、回収を先延ばしにするなどの対処が必要となります。

一般的には強制執行などの手続きをする場合は手間や人手がかかることから、高額の慰謝料などの取立てなどのことが多く、額が小さい場合には泣き寝入りする被害者も存在しています。

相手方に支払う気持ちがあるのならば、猶予期間をもうけて、毎月の支払い金額を減額して、収入が確保されたときにまとめて支払わせる方法などがありますが、これらの判断は素人には難しいことなので、交通事故に詳しい弁護士の力を借りて、解決することが重要となります。