交通事故の慰謝料請求

交通事故の慰謝料請求は弁護士に相談を


交通事故に遭ってしまった時には心身共に大きなダメージを受ける事が大半と言えるでしょう。このような時には損害賠償請求をする事によって心身の苦痛を賠償してもらう事が出来ます。損害賠償には怪我の治療費や入院、通院の費用、怪我をした為に働けなかった分の給料等収入の保障等が含まれます。

そして精神的苦痛に対して請求をする慰謝料の中には、被害者が死亡した場合や怪我に対する慰謝料、そして後遺症に対する慰謝料が含まれます。その内の後遺症に対する保障については、適正な後遺障害等級を認定される事により正当な金額を請求する事が出来るという事です。
特に後遺症については軽度のものであると、なかなか個人ではその損害を賠償してもらう事は難しいようです。後遺障害の等級認定には、医師の書く後遺障害診断書が必要となります。その場合の診断書に書かれる内容は、必ずしも被害者が有利となる内容であるとは言えず、適正な損害賠償請求をする事も難しいようです。

適正な損害賠償請求を行いたいと希望される時には、やはり弁護士に相談をする事が大切なようです。中には損害賠償請求に強い弁護士も居て、顧問医の協力を得る事の出来る弁護士事務所もあるようです。適正な等級が認定されるようにアドバイスを受けながら損害賠償請求の他にも、相手の保険会社との示談の交渉の際にもサポートを依頼する事で、納得の出来る結果を得る事も可能になるようです。

弁護士に損害賠償請求のサポートを依頼する場合には、交通事故によって損害を被った時にはなるべく早く相談をする事が大切なようです。交通事故が発生した時には、加害者側の保険会社と示談についての話し合いが始まります。保険で支払われる金額は双方の過失割合によって変わって来ます。被害者側の過失については相殺をされてしまうので、その分の受け取る事の出来る保障金は少なくなります。従って、この段階での交渉も非常に重要なものと言えます。

このような理由からも早い段階での弁護士の相談が必要となります。交通事故に遭ってしまった時には加害者側の示談に直ぐに応じるのではなくて、一度無料相談をしてみると良いです。電話やメール等で相談を受け付けている事務所は多いようなので、敷居が高いと思われるかも知れませんが、法律の専門家に相談をする事はその後の適正な補償を受ける為の基本と言えるでしょう。

交通事故の後処理に慣れている相手方の保険会社に上手く言い含められそうな時、法律のプロへの相談が必要と言えます。