ペットの交通事故の賠償

ペットの交通事故の賠償は弁護士に相談


交通事故に遭ったら、まず負傷者がいる場合は救急車を呼び、そして警察に連絡をします。警察は現場検証をし、調書を検察に送検します。交通事故で加害者となった場合、被害者の車の損傷や負傷者に対し、賠償金を支払うことになります。

負傷者がいる場合は人身事故となりますので、必ず警察を呼んで対処をすることになります。負傷者がない場合は示談で済ませる場合もありますが、車の損害などで賠償金が発生する場合には警察を呼んで検証してもらう必要があります。いずれにしても保険会社は、その交通事故において両者の過失分を検討し、その割合分を相手に支払うことになります。

人間の負傷分に関しては加入している保険の「人身事故」の分から支払われ、車の修理に関しては「物損事故」の部分から支払われることになります。
最近は犬や猫などのペットを飼っている家庭が多く、その存在は家族同様で、かけがえのないものです。

愛犬や愛猫がもし交通事故にあって、大けがをしたり、死亡してしまった場合には賠償金はあるのでしょうか。実はペットというのは「物」として扱われるのです。だからペットがけがをしたり死亡した場合には、治療費の時価や販売価格の時価を支払われることになるのです。またその犬や猫がどのように交通事故にあったかによっても変わってきます。

飼い主の不注意や、自分の敷地以外で放し飼いにしていた場合には、その過失分は相殺されます。急な飛び出しで車の方が止まり切れなかったときなど、状況によっては支払われないこともあります。とはいえ家族同然の愛犬や愛猫が、車にひかれたり、家族の車に同乗していて交通事故にあって死亡した場合など、家族の精神的苦痛の度合いによっては慰謝料が出るといったケースもあるのです。

今まで弁護士に相談されたケースでも、子供がいなくてずっと子どものようにかわいがっていた犬が交通事故に遭い、一生介護が必要になったケースや、加害者が事故を認めず言いがかりだと主張し、誠意が見られなかったなどという場合も慰謝料が下りたという判例もあります。

だから大切な愛犬、愛猫が交通事故にあって、慰謝料を求めてもいいかもしれないというときには弁護士に相談してみるとよいでしょう。最近の判例では動物は「物」とされながらも「家族の一員のように愛されている」「生命を持つ動物の性質上、必ずしも当該動物の時価相当額に限られない」とされ、過失相殺も含めながら慰謝料を認める事例も増えてきているのです。