過失割合によって

交通事故の過失割合10対0の場合には弁護士に相談を


交通事故が発生した時、車同士の事故の場合には基本的には双方の任意保険会社による交渉となっているようです。その場合には過失割合についての話し合いがされます。
この割合によって双方の保険会社の負担となる金額が変わって来ます。それでも被害を受けた側の過失割合が無かった場合、つまりは「過失割合10対0」であった場合では過失が無い被害者側の保険会社はその後の交渉を行う事が無いという事です。保険会社が動く時とは、保険料の支払いの必要がある時のみという事です。その場合には被害者と加害者側の保険会社との直接交渉となります。
もらい事故の被害者に対しては保険会社は何もしてくれないという事を認識しておく必要があります。

保険会社は交通事故の交渉についてのプロであると言えるでしょう。反対に被害者である一般の人にとっては初めての経験という事も多く、また交通事故の損害賠償についてもそれ程知識が無い場合も多い為に、相手の保険会社に有利な方向に行ってしまうという事も多々あるようです。過失が「0」という事で安心をしていると、元々の補償の総額を少なく算定されるという事もあるようです。

例えば店舗等の駐車場の正規の場所に駐車をしている時に、一方的に車が突っ込んで来た場合等は過失割合10対0となるケースが多いようですが、その時に運悪く被害車両に乗車中であり、交通事故によって「むちうち」となった時の治療費や後遺障害に対する慰謝料請求等でも、個人ではなかなか適正な対処をする事は難しいと言えるでしょう。後遺障害に対する補償には等級の認定が不可欠となります。

交通事故に遭って心身に傷を負った時には、まずは示談となりますが、話し合いが決裂した時には調停で損害賠償請求を行うことになります。簡易裁判所に申し立てをする事で、調停委員による公正な判断に委ねる事が出来る他、仲裁や提案により問題解決が図られる事になります。それでも問題が解決しなかった時には訴訟という事になり、弁護士に依頼をする必要も生じます。

弁護士に依頼をする事で一定の費用が必要となります。着手金やその他の実費の支払い等が必要です。それでも自分の意志を主張する為に訴訟が必要という場合には、裁判で公正な目で判断をして貰うという事も大切となるでしょう。

任意保険の加入の際に弁護士費用特約のある保険であるならば、加入をしておくべきでしょう。大方の保険には裁判訴訟等を含めた弁護士費用を300万円まで補償しているようです。