依頼のタイミング

交通事故から慰謝料が支払われるまでの間、いつ弁護士に依頼すべきか


交通事故にあった場合、どうすればよいのでしょうか?
一般的に交通事故の怖いところは後遺症があり得ることであるといわれています。事故当時はなんともないようであっても、暫く日数がたってから後遺症が現れることも少なくありません。それ故に安易に示談交渉に応じることは、被害者の不利益につながることも少なくないのです。とはいっても、交通事故にあってからどのタイミングで弁護士に依頼すればよいのかわからい、という方もいらっしゃるでしょう。

まず基本的に、ある程度治療の目途がたったときに、加害者側の保険会社から賠償金などの相談について連絡がきます。この時に心に留めておきたいのが、相手は交渉のプロであるということです。保険会社も自社の利益を守るため、なるべく支出(賠償金)を少なくしたいと考えています。

このため交渉には専門の担当者が連絡してきますし、交通事故に不慣れな一般の人からすれば、納得できないと思ってもあれこれと説明してくることでしょう。
法律的な解釈をもちだしてくることも当然あります。そうなると素人では太刀打ちできないことになってしまいますから、この段階で交通事故の交渉に慣れた弁護士を手配することが大切です。相手が提示した額に不服があるときは、異議申し立ても代理として行ってもらえます。

弁護士が担当するのは、支払われる賠償金が法律上適した金額であるか、不適当な額でないかなどを依頼者にかわって交渉することです。
また慰謝料に関しても、漠然とした希望の金額を伝えても相手が受け入れてくれませんから、どのような理由で、どのような損害や精神的苦痛をうけたのかを明確にしたうえで、被害者の提示した慰謝料が適切な額であるということを証明してくれます。

この慰謝料交渉はともすれば裁判で争うこととなりますので、早い段階で弁護士に依頼し、交通事故全体を把握してもらったうえで交渉してもらうことがとても重要になってきます。そうすることによって取り決められた額がきちんと支払われるまで代理として対策をしてもらえるようになります。

金額をきめたところで一向に支払われなかった、支払いが一部だけでその後滞ってしまうというケースも多々あることですから、そうならないためにも弁護士への依頼は欠かせません。交通事故に遭った直後、病院へ行く前に依頼する必要はありませんが、泣き寝入りしないためにも、早めに依頼することが大切といえるでしょう。